歯学部

歯学部とは

以前は歯学部は、歯科医師を養成するための「歯学科」一学科のみでしたが、ここ数年で、口腔保健学科など、歯科衛生士や歯科技工士を養成する4年制の学科を新設する歯学部も出てきました。また歯科衛生士専門学校や歯科技工士専門学校を附属校として設置する学校も増えています。歯学部のみを持つ単科大学も多くあり、歯科大学と呼ばれています。

日本では、歯学課程は通常の大学課程と異なり、医学部などと同じ6年間を最低修業年限としています。このため卒業生は「学士(歯学)」の学位しか得られないのですが、博士課程に入学できるなど修士に準じた扱いを受けることが可能です。また、外国の歯科医師養成機関を卒業した者が、日本国内において歯科医師免許の交付を受けるには、原則として歯科医師国家試験予備試験を受け、これに合格する必要があります。当然のことながら、歯科医師と医師は異なるので、歯学部を卒業しても、医師法により医師国家試験の受験資格は得らません。

歯学部は日本全国に29校あり、すべての歯学部は臨床実習の場である附属の「大学病院」を設置しています。さらに附属の診療所をいくつか持つ学校も多いです。


歯学部がある日本の大学

国公立大学
  北海道大学(北海道札幌市北区)
   東北大学(宮城県仙台市青葉区)
   東京医科歯科大学(東京都文京区)
   新潟大学(新潟県新潟市中央区)
   大阪大学(大阪府吹田市)
   岡山大学(岡山県岡山市北区)
   広島大学(広島県広島市南区)
   徳島大学(徳島県徳島市)
   九州大学(福岡県福岡市東区)
   長崎大学(長崎県長崎市)
   鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市)
   九州歯科大学(福岡県北九州市小倉北区)

私立大学
  北海道医療大学(北海道石狩郡当別町)
   岩手医科大学(岩手県盛岡市)
   奥羽大学(福島県郡山市)
   明海大学(埼玉県坂戸市)
   東京歯科大学(東京都千代田区)
   日本大学歯学部(東京都千代田区)
   日本歯科大学(東京都千代田区)
   昭和大学(東京都品川区)
   日本大学松戸歯学部(千葉県松戸市)
   鶴見大学(神奈川県横浜市鶴見区)
   神奈川歯科大学(神奈川県横須賀市)
   日本歯科大学新潟生命歯学部(新潟県新潟市中央区)
   松本歯科大学(長野県塩尻市)
   朝日大学(岐阜県瑞穂市)
   愛知学院大学(愛知県名古屋市千種区)
   大阪歯科大学(大阪府大阪市中央区)
   福岡歯科大学(福岡県福岡市早良区)


歯学部の卒業進路

歯学部の学生の卒業進路としては、大学病院にそのまま残り研鑽をつむ人もいれば、一番多いのは一般開業医に勤務して技術の向上と開業のための資金集めをする人が多いのではないでしょうか。
医学部を卒業した多くの学生は将来開業医となる人が多く、そのための技術の向上をどの病院で行うかを専門としたい分野や学びたい項目などに合わせて就職先を選ぶことになります。
また、医院での勤務以外に大学院への進学を選び博士号取得を目指すことも可能ですし、ごくわずかではありますが、一般の会社に就職するひともいるようです。
多くの人は開業を目指していることもあり、どんな歯科医になりたいか、どんな歯科医院を開業したいかによって卒業進路を決めることになりますので、歯科医院専門の就職斡旋サイトなどを活用して卒業進路を決める生徒が多いようです。

  • 最終更新:2017-10-04 14:17:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード