トップページ

日本教育フォーラム―――――――――――――――

日本教育フォーラムは難関大学、難関学部を目指す生徒達の専門塾として15年以上の歴史をもつ。基礎レベルから難関レベルまでの教材と現役の名古屋大学・名古屋市立大学の医学部生が講師による個別指導が特色。
目次:
  1 教育理念
   2 所在地
   3 特徴
   4 教材
5 講師
6代表者
7設立
8 外部リンク

教育理念―――――――――――――――――――――

「すべての教科を通じて、その本質的な理解の基盤には論理的思考がある」
という前提に立って「絶対学力」を養う独自の教育を行っており、
そういったチカラを高めることで社会の中での自分の役割を見つけ、勇気を持ってそれに取り組み、 将来の日本を背負っていく人材を育成する。

所在地 ――――――――――――――――――――――

〒466-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1丁目15番1号

特徴――――――――――――――――――――――――

日本教育フォーラムでは、現役の名古屋大学・名古屋市立大学の医学部生が講師として指導をする。
生徒一人一人に合わせた学習計画を作成・提案し、担任講師が決まった曜日に教材の進捗確認や学校での状況をチェック。担当チェック日以外の質問対応も医学部生が担当しており、多くの人から意見・考え方を聞くことができる。

教材―――――――――――――――――――――――――

・福崎伍郎 
・西岡康夫
・今野和浩
・船口明
・川上憲雄 
など、大手予備校でも活躍している人気講師の授業を好きな時に何度でも見直す事が出来る映像教材を扱っている。また、教材に出演している人気講師が、夏や冬に実際に日本教育フォーラムに来て講義を行う。

講師―――――――――――――――――――――――――

フォーラムでは個別指導の講師を同じ大学の中でもトップレベルの成績を収め、最も難関な受験を通り抜けた医学部の学生にこだわっている。目標にしている難関大学の学生が自分の身近にいることで、常に新しい情報を得られる。

代表者――――――――――――――――――――――――

塾長:尾方 俊男

設立―――――――――――――――――――――――――

2002年4月(前身:ブイエス教育有限会社)

よくある質問―――――――――――――――――――――――――

Q:夏・冬期講習などは実施していますか?
A:1講座、2日間(各90分)の予定で行っています。
ただし、フォーラム生のみですが全員参加ではなく希望者に対して(別途費用)、実施しています。

Q:お休みしたいときはどうすればいいですか?
A:連絡いただければ後日(希望日)振り替えします。

Q:新課程に対応しているんですか?
A:昨年より新課程に対応した授業に変更しています。

Q:映像授業は通常どこでどのように進めていけばいいですか?
A:映像授業は志望大に合わせて必要な範囲を購入していただきますので基本的に担任と相談し計画を立てた上で自宅で進めていきます。ただし、教室にも個室の視聴覚ルームがありますので、自宅と教室のどちらでも授業を見ることができます。

Q:レベルの高い生徒さんが利用しているイメージですが、ついていけるんですか?
A:個別指導で一人一人の学力に合わせてスタートしますので大丈夫です。むしろ、塾選びにおいて高い志を持ってがんばっている生徒が多く集まる環境の方が成果は出やすいと思います。

Q:留学や部活が忙しくて通えなくなった場合どうすればいいですか?
A:短期留学などであれば休塾して帰国後再スタートできます。部活などで通えなくなった時は在宅コースとして、専任の担当者が映像授業のサポートのために、お電話で直接相談しながら計画を立ててわからないところは通信添削指導で解決して進めていきます。

Q:入学金が150万するとか聞いたことがありますが本当ですか?
A:それは入学金ではありません。映像授業の費用として、生徒一人一人の目標に合わせてご提案させていただいていますが1講座の相場は大手予備校と変わらないので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

医学部とは――――――――――――――――――――――

医学部は、大学において医学に関する研究・教育を行っているところ。また医学を専門に学ぶ課程である。

概要

医学部の社会的責務は教育・臨床・研究の3つであると言われる。
医療教育は、実際に患者に触れて心理や倫理を学ぶ事ができる附属病院を有している方が効果的であるため、医学部の責務とされる。また医学教育は、高度先進医療を行う病院には「まれな疾患ではあるが病態を理解しやすい難病」の患者が集まり、この様な病院の方が効果的であるため、医学部の責務とされる、学部学生の臨床実習、卒業後の研修等が行われる。
高度先進医療は、世界中から最先端の知見を集めて地域の医療レベルの向上に資するため、またそれには研究を行っている学者がいる病院である方が効果的であるため、また最新の医学を学生に学ばせるために、医学部の責務とされる。
研究は、現在の医学では治せない難病に対して実験的治療が行える高度先進設備と学者が揃った病院で行ったほうが効果的であるため、医学部の責務とされる(特定機能病院)。

構成

学科

医学部に付属する学科は以下のようなものがある。

医学科
医学科は医師を養成するための6年制の学科である。医学科は「歯学」を除く医学(内科学、外科学、放射線医学など)を履修する課程であり、歯学科とは異なる。

健康科学・看護学科
東京大学医学部保健学科が1992年に学科名を変更して設置された。看護学コースと健康科学コースを有し、必ずしも看護師となるわけではない。保健医療の学際的アプローチを目指している。4年制。

看護学科
看護学科は看護師や保健師を養成するための4年制の学科である。

保健学科
診療放射線技師、臨床検査技師、作業療法士、理学療法士等を養成するための4年制の学科である。これらに加え、看護師や保健師の養成課程を持つところもある。

栄養学科
管理栄養士を養成するための4年制学科である。徳島大学に設置されている。

総合薬学科
薬剤師を養成するための6年制の学科である。薬学科は当初医学部に設置されていたが、ほとんどが学部として独立し、唯一最後までこの形態で残っていた広島大学も薬学教育6年制移行を機に薬学部として独立した。

生命科学科
医学の基礎知識を習得した生命科学者を養成するための4年制の学科で、1990年鳥取大学に設置され、2007年には九州大学にも新設された。

なお、東洋医学を体系的に学ぶための学科は日本には無い(ただし医学部以外では存在する)が、2007年度時点にて、日本のすべての大学の医学科にて東洋医学の講義が行われるようになった。

大学院

医師養成課程(医学部医学科・6年制)を卒業した者には「学士(医学)」の学位(1991年以前は「医学士」の称号)が授与されるが、学士(医学)及びその他の6年制学部卒業者や修士号取得者は医学系の大学院に入学することが可能で、「博士(医学)」の学位を取得することが出来る。すなわち、医師養成課程を経ずとも博士(医学)の学位を取得できる。

博士(医学)の学位を取得できる大学院は、医師養成課程を持つ大学に設置される。博士(医学)の学位を取得するためには、それらの大学院医学研究科に入学する必要があり、さらに、自ら執筆した論文の評価によって博士の学位が授与される。医学研究科は4年制であるが、社会人大学院に入学した場合は3年以上の授業料納付と博士(医学)と認められるのに充分な論文の提出が必要である。学会誌に査読を経て掲載された論文を既に多く執筆済みであっても、授業料を3年以上納付しないと博士(医学)の学位は取得できない。

なお、博士(医学)は学位であり医師免許とは無関係なので、医師ではない博士(医学)の者は医業を行うことはできない。また、医学部医学科を卒業していない博士(医学)の者は医師国家試験の受験資格はない。医師となるには、医学部医学科を卒業予定あるいは卒業した者が、医師国家試験を受験して合格する必要がある。

外部リンク――――――――――――――――――――――

■公式サイト(http://jeforum.jp/

  • 最終更新:2017-02-14 16:11:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード